イベント・お知らせ

  • 周辺観光

赤べこ伝説発祥の地 会津やないづのレトロな街並みを散策しよう♪

大江戸温泉物語 あいづ
スタッフおすすめ!
周辺観光情報

赤べこ

宿から車で約25分の場所にある福島県柳津町(やないづまち)は、地震によって崩れた圓藏寺の本堂再建を手伝いに、赤毛の牛が群れをなしてやってきたという伝説の残る町です。赤毛の牛は「赤べこ」と呼ばれ、忍耐と力強さ、そして福を運ぶ象徴として、今でも地元で愛されています。

そんな赤べこ伝説の残る柳津にある門前町は、レトロな街並みが残っていて、気候のいい季節の散策にピッタリ。「憩の館ほっとinやないづ」は、散策の疲れを癒す足湯や食事処があり、立ち寄りポイントとしておすすめです。

「道の駅会津柳津 観光物産館 清柳苑」では、柳津・奥会津の物産が多く販売されているので、おみやげショッピングにもいいですよ。

赤べこ伝説発祥お寺を訪問!「福満虚空藏菩薩 霊巌山 圓藏寺」

圓藏寺

赤べこ伝説発祥の本堂を有する「福満虚空藏菩薩 霊巌山 圓藏寺」

日本三所の虚空蔵菩薩のひとつ、福満虚空藏菩薩をご本尊としてお祀りしている寺院です。

400年ほど前に会津地方を襲った大地震により倒壊した本堂の再建を手伝ったといわれる赤べこたち。手伝った後、本堂完成直前に姿を消したと伝えられています。

柳津町では、丑年・寅年の2年間「会津やないづ丑寅まつり」が開催されます。

2021~2022年は、丑寅まつりの期間中です。

やないづに関係する写真(指定カテゴリーより2枚)を撮影して観光協会に提示するとオリジナルカードがもらえる「古今東西やないづカードコレクション」などのイベントを楽しめますよ。

 

所在地:福島県河沼郡柳津町大字柳津字寺家町甲176

お問い合わせ:柳津観光協会

TEL:0241-42-2346

公式サイト:https://aizu-yanaizu.com/

 

初夏の風を感じて♪「柳津観洸船」で只見川のライン下りを満喫

柳津観洸船

「柳津観洸船」は、宿から車で約25分の場所にある「道の駅会津柳津」近くの乗船場から乗船できる観光船です。途中、赤くて目立つ瑞光寺橋をくぐり、圓藏寺のそばを進んでいくコースをどうぞお楽しみください。

ゆったり進むので小さなお子様やファミリーにも向いていますよ。SL機関車のような姿は愛らしく、只見川を下っていると爽やかな春風を感じられる、この季節おすすめのレジャーです。

▼【柳津観洸船】
住所:福島県河沼郡柳津町大字柳津字下平乙147
電話番号:070-4397-0657
遊覧料金:大人1,600円、子供(1歳~12歳)800円、0歳無料
出航時間:10:00、11:20、13:00、14:20、15:40
公式サイト:http://yanaizu-kankosen.com/

ご宿泊は大江戸温泉物語あいづで♪
▼公式サイトならお得にご予約いただけます▼

プラン検索はこちら

掲載情報は記事公開時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
ご利用の際は、事前に公式サイトなどでご確認ください。